よくあるご質問 トップページ > 相続・贈与 > 相続準備編 > ご自身の将来の相続

5件中 1〜5件
  ページ:1  
質問内容 FAQ ID

「小規模宅地等の特例」とはどのような制度でしょうか。

933
被相続人が住んでいた自宅の土地や事業用に使っていた土地を、相続または遺贈により取得した際、一定の要件のもと、その評価額を最大80%減額するこ...

配偶者は相続税が課税されないことが多いと聞きました。どういうことでしょうか。

934
配偶者が相続または遺贈により取得した財産のうち、法定相続分または1億6,000万円のどちらか大きい額までは相続税は課せられません。これは「配...

相続税対策では「二次相続」まで考えることが重要だと聞きましたが、どういうことでしょうか。

936
一般的に二次相続は、一次相続に比べて相続税額の負担が大きくなるので、相続税対策はこの「二次相続」までを見据えた対策が大切と言われています。例...

生命保険等の死亡保険金には一定の非課税枠があると聞きました。どういうことですか。

935
相続人が受け取る生命保険金等に係る死亡保険金は、のこされた遺族の生活保障という面から、一定の範囲まで相続税の非課税枠が設けられています。具体...

相続税はどのような場合に課税されるのでしょうか。

932
相続によって取得した正味財産が基礎控除額を超える場合に、相続税が課税されることになります。相続税は、相続や遺贈によって取得した財産や、相続時...
5件中 1〜5件
  ページ:1