よくあるご質問 トップページ > 相続・贈与 > 相続準備編

遺言の作成 (4) 生前贈与 (8) ご自身の将来の相続 (5)
17件中 1〜10件
  ページ:1 2 |次へ
質問内容 FAQ ID

「小規模宅地等の特例」とはどのような制度でしょうか。

933
被相続人が住んでいた自宅の土地や事業用に使っていた土地を、相続または遺贈により取得した際、一定の要件のもと、その評価額を最大80%減額するこ...

贈与契約書を作成するうえでのポイントを教えてください。

927
贈与契約書の作成にあたっては以下の事項に注意してください・書面上、贈与および受贈の意思を明確にすること・贈与するものを明確に特定すること・贈...

自分の子供や孫以外の者に暦年贈与をしたいのですが可能でしょうか。

926
可能です。暦年贈与により財産を渡す相手は、家族や親戚縁者だけでなく、第三者へも可能です。

基礎控除を利用して、子供に私と妻からそれぞれ110万円ずつ贈与しても贈与税は非課税ですか。

925
いいえ、課税されます。贈与税の基礎控除は、受贈者一人当たり年間110万円です。お尋ねのケースでは、お子様は贈与により合計220万円を取得して...

配偶者は相続税が課税されないことが多いと聞きました。どういうことでしょうか。

934
配偶者が相続または遺贈により取得した財産のうち、法定相続分または1億6,000万円のどちらか大きい額までは相続税は課せられません。これは「配...

贈与税に基礎控除はありますか。

924
はい。受贈者一人当たり年間110万円の基礎控除 があります。(贈与税の基礎控除)贈与税は1月〜12月の1年間に贈与された財産のうち、受贈者一...

エンディングノートと遺言書の違いを教えて下さい。

923
エンディングノートと遺言書の大きな違いは、法的な効力にあります。 遺言書の目的は主にご自身に万が一のことがあった場合、誰に、どの財産を、どの...

贈与税の配偶者控除があると聞きました。どのような制度でしょうか。

929
配偶者が居住用不動産またはその購入資金の贈与を受けた場合、一定の要件のもと、贈与税の配偶者控除として、基礎控除110万円のほかに、最高2,0...

相続税対策では「二次相続」まで考えることが重要だと聞きましたが、どういうことでしょうか。

936
一般的に二次相続は、一次相続に比べて相続税額の負担が大きくなるので、相続税対策はこの「二次相続」までを見据えた対策が大切と言われています。例...

「相続時精算課税制度」とはどのような制度でしょうか。

928
「相続時精算課税制度」とは、暦年単位による課税方式である暦年贈与(基礎控除 年間110万円)とは別に設けられている贈与制度です。その特徴は、...
17件中 1〜10件
  ページ:1 2 |次へ