よくあるご質問 トップページ > 相続・贈与 > 相続準備編 > ご自身の将来の相続 > よくあるご質問 詳細

FAQ ID:935

生命保険等の死亡保険金には一定の非課税枠があると聞きました。
どういうことですか。

相続人が受け取る生命保険金等に係る死亡保険金は、のこされた遺族の生活保障という面から、一定の範囲まで相続税の非課税枠が設けられています。
具体的には、被相続人が保険料を負担した生命保険契約で、被相続人の死亡を保険事故として相続人が受け取った死亡保険金のうち、「500万円 × 法定相続人の数」で計算された金額が非課税となります。



配偶者は相続税が課税されないことが多いと聞きました。
どういうことでしょうか。
相続税対策では「二次相続」まで考えることが重要だと聞きましたが、どういうことでしょうか。
前へ
ページの先頭へ